借入の金利を知って支払を抑える

お金のない時や、急な出費にはキャッシングをしてその場をやり過ごしたいものです。でも、お金を借りるということは返済をしなければならないことです。しかも利子をつけての返済ですから、少しでも安い所で借りて返したいものでしょう。借りるのであれば利息が安いのは銀行系でしょう。

ただ、金利が安ければ良いというものではなく、安いと紹介料や手数料を取られる場合もあります。そこで金利を知っておくことで、キャッシングをするということを知っておきましょう。

借入をする際には、利息を付けて返済しなければなりません。インターネットでキャッシングの比較サイトを閲覧してもらえばわかりますが、利息のパーセントが記載されています。日本では利息制限法が定められていますので、良く確認しておきましょう。

10万円以下は20%の利息ですが、それ以上の借入は18%や15%となっています。借入をする金額によって、パーセントが低くなっていきますが、多ければ多いほど、その支払う利息はバカになりません。

しかも、返済期日の日数でかさんでいきますので、早い返済ほど支払を抑えることができるのです。借入をするということは、借りた日にち分だけ利息を支払わねばならないので、計画を立てながら返済するということが肝要なのです。